染と織について

 染織の始まりは、紀元前3000年ごろからインド、中国、エジプトなどで麻、木綿、絹といった繊維で織物がつくられていたことが始まりとされています。時を同じくして染色技法も土や草などを摺りつけただけの染色から、今日堅ろう染色として用いられるバット染料の一種である藍染や、媒染染料の一種である茜染めが行われ始めました。日本に始めて絹が入ってきたのは、紀元前100年ごろのことで、同時に中国、朝鮮から養蚕技術や絹織物技術も一部伝えられたようです。また本格的に織物技術が伝えられたのは紀元280年以後、渡来人によるものと考えられています。こうして中国、朝鮮からすぐれた絹織物技術が伝えられ、模様染めとして纐纈(絞り染め)、臈纈(鑞染め)、頬纈(板締め染め)が中国、朝鮮から伝来したのは590年ごろといわれています。この三種の模様染めは、繊維を織物にしてから模様状に染める、いわゆる後染め(あとぞめ)の始まりということが言えると思います。その後、桓武天皇による794年の平安京遷都のときに、織部司(おりべのつかさ)が創設されたのを機に、京都において絹織物が盛んに織られるようになりました。このころの染料、染色についての文献はほとんどありませんが、植物染料によって染められていたことは、遺品などから確かめられています。染料や染色に関しては、900年以降に著された『延喜式』に記されており、それには色数もかなり多く用いられていたことが記されています。

 戻る